会社概要・沿革

会社概要

会社名
合同会社岡木農園
設立
24年11月6日
所在地
〒382-0005 長野県須坂市新田町2606-2
資本金
100万円
代表社員
岡木 由行
事業内容
農産物生産および販売。
経営規模
ハウスブドウ42a 露地ブドウ100a、山林15ha

沿革

大正初期
初代当主岡木重太郎が須坂市小河原にて農地山林を買収、大規模農業を始める。桑苗や絹を中心に生産を行う。
昭和20年
桑苗から換金作物であるリンゴ(旭、国光)への転換を行う。当時リンゴの歌(並木美智子)がヒットする。
昭和23年
農地解放により農地面積の縮小を余儀なくされる
昭和25年
二代目当主岡木正勝に事業を継承
昭和50年
三代目当主岡木由行に事業継承
昭和52年
ブドウの促成栽培を行うためハウスを作る。リンゴの栽培を縮小しブドウの一本化を進める。
平成2年
ブドウハウスの規模拡大。一年で二回収穫する二期作栽培技術の導入。
平成4年
二年三期作栽培の研究、運用の開始。
平成10年2月
長野冬季オリンピック親善巨峰栽培園として世界各国のioc委員や選手のご家族の皆様を招待し真冬のブドウ狩りを行う。
平成15年
シャインマスカットの試験栽培を始める。
平成22年
須坂市産業活性化戦略会議に参加。
平成23年
全国農業者担い手サミットにて視察園となる。
平成24年
行政、民間ブドウの上にソーラーパネルを設置し、農業と再生可能エネルギーの両立を研究。
平成24年
資本金100万円にて合同会社岡木農園を設立。
平成25年
須坂市スマートアグリソーラー研究会の会長に就任。
平成25年
アグリビジネス創出フェアに出展。
平成26年
MCに野菜ソムリエKAORUさんを迎え、銀座NAGANOにて「銀座でぶどう狩り」を開催
平成26年
香港への輸出開始